EVaリアルフォワード(2021.02.07)

EVaフォワード

先日EVaはv1.401からv1.500にバージョンアップしました。

利確のロジックを変更しましたのでパフォーマンスが向上しました。

下のグラフは2021年2月6日までのEVaのリアルフォワードです。

2月からv1.500に差し替えを行いました。当初は25万円で開始して途中で増資しています。また適宜バージョンアップしており、順調に右肩上がりとなっています。


さて、ご存じのように国内FX会社ではレバレッジ25倍の規制がかかります。

EVaはレバレッジを効かせて運用するのが好ましいと以前より考えていました。

法人口座であれば50倍ほどでポンド円は取引できると思いますが、今回は海外業者で運用をするとどうなるのか自腹で検証しております。

ある海外口座で運用を開始しました。レバレッジは1000倍です。

この口座も2月からv1.500に差し替えています。

ボーナスクレジットが複利計算に含まれるように再プログラミングしたり、ロジックのバージョンアップしたりで利益はいまいちでしたが、これから本領発揮の予定です💹

複利のパーセンテージを上げた場合のバックテストです。

11年間のバックテストで25万円が1億8,853万円となり、年利83%です。

TDS変動スプレッドで最小30、加算0、最大0です。

億越えは想像できないですね😓

簡単に言えば100万円を1年間運用すると183万円になる計算です。月利で言えば5万円(5%)ほどです。

月利で5%だと簡単そうな感じになってしまいますが、実際に継続するのは非常に困難です。

現実的には最大保有ロット制限、国内法人口座との税金の比較をしないとならないですが、しばらくこのまま放置して様子を見たいと思います。

近い将来はAvaTradeの法人口座を開設させていただき、運用をしていきたいと思っています。


なお上記の資料はEVaの運用面においての優位性を示すための資料となっております。

AMMAにおける成績ではありませんのでご注意下さい。

また海外口座をすすめるものではありません。信託保全のしっかり行われた国内FX業者での運用を行っていただきますようお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました